WiMAXを使って分かったメリット・デメリット

WiMAXを実際使用して分かったメリットとデメリット

私がWiMAXを実際に使って体験して分かったメリットとデメリットについてここで挙げていきたいと思います。

WiMAXを実際使用して分かったメリット

 

WiMAXを使って分かったメリット・デメリット

メリット1.WiMAXの速度が期待した以上に速かった


自宅でのWiMAXのスピード測定結果は、下りが平均12.5Mbps、上りが平均1.1Mbpsでした。
電波状況は「かなり強い」の状態です。この結果には結構満足しています。
ちょっと前のイーモバイルの下り最大7.2Mbpsを余裕で超えました。
WiMAXは下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsとしています。
これは理論値であり、実際は物理的な条件がいろいろ入ってきたり、エリア内に複数人ユーザーがいると思うのでそんなに出るとは思ってません。
インターネットでYoutubeやニコ動を観るのに十分に耐えうる速度だということで満足です。

 

メリット2.部屋のどこでもインターネット。

私がWiMAXを使う前は固定の光ファイバー回線(Bフレッツ)でした。
普段は机の上でパソコンを使ってますが、ちょっと横になりたくなったときや、場所を変えてソファや家族の居る居間でパソコンを使いたくなったようなときに、LANケーブルごと持ち出して移動するようにしてました。LANケーブルが普段ないはない場所にあったりするため、他の家族が足を引っ掛けたりしないかとか気になってしまいます。
WiMAXに限らずモバイルデータ通信であれば、パソコンがインターネットに接続するのにLANケーブルは不要なのでパソコンとコンパクトなモバイルWi-Fiルーターだけ(内臓型ならパソコンだけ)持ち歩けばいいということになります。

 

工事不要で手続き簡単。

有線回線(ADSL、光ファイバー)の場合、回線が自宅まで届いていないと宅内に線を引っ張ってくる工事が必要です。
マンションやアパートのような集合住宅の場合は管理会社がまとめてやってくれたりする事が多いのですが、そうではない場合、自分で手続き等行わなければいけない煩わしさがあります。
サービスエリア内ということは、もうそこに無線電波が届いているということになります。こちらで電波をキャッチできる機器を用意すれば工事なんていりません。
実際私の場合、パソコンを購入したその日からWiMAXでのインターネット接続ができました。

 

メリット4.地方でも全然使えたWiMAX

WiMAXは都心部でないと全然使えないという噂もありますが、地方でも全然使えます。
私は現在東京都23区内在住ですが、実家は福島県にあります。
実家に帰る際にノートパソコンを持っていったところ、普通にWiMAXが繋がりました。
実家には一応パソコンがあるのですが、親がメールを見たり、マージャンやゴルフのゲームをしたりネットで調べ物したりと、割りと頻繁に使うため、私の勝手でパソコンが使えないため、暇だからネットサーフィンしたいとか、動画観たいなぁ〜と思ったときに大変役に立ちました。
地方では全然使えないという噂は、おそらくサービスエリアが拡大する前の話なのではと思います。

WiMAXを実際に使って分かったデメリット

 

WiMAXを使って分かったメリット・デメリット

デメリット1.大容量データのダウンロードなどはまだ光ケーブルには敵わない


これまで光回線(Bフレッツ光)を使っていたからなのですが、数十MBのデータをダウンロードするのに以前より時間が掛かっています。
大容量のデータを頻繁にダウンロードするという人は、おそらく普段は光回線を使用している方だと思いますが、それと同じ感覚でダウンロードするとストレスを感じると思います。
ただし、次世代WiMAXといわれている「WiMAX2+」が出てくると、光回線とほぼ変わらない速度になってくると思われます。

 

デメリット2.東北新幹線内では良く切れます

東北新幹線で東京-大宮間は快適にネットが見れました。しかし、大宮から先となると圏外になるところが多々出てきます。
大宮から先になると建物が少なくなり、さらに宇都宮より先ではトンネルが増えてきます。
トンネル内では確実に圏外に入ってしまいますが、これはどのモバイルデータ通信でも同じでしょう。
東海道新幹線ではN700系車内の東京〜新大阪間では公衆無線LANの「UQ-WiFi」を利用することができるみたいです。
東北新幹線にも同様な公衆無線LANサービスが欲しいところです。

 

デメリット3.都心だから繋がるという考えは禁物!

WiMAXが都心部に強いということで過信するのは危険です。

 

私は都内に住む妹宅(マンション10階)と友人宅(自宅1階)にノートパソコンを持っていってネットしようと思ったところ、なんと全く受信できない状態。
結局、妹宅では妹宅のケーブルを繋いでネットに接続し、友人宅ではネットするのを諦めました。
サービスエリアが良好な結果だったとしてもそれはシュミレーションの結果であり、実際の建物の周辺の地形や形状、建物の階数により通信しにくい場合や圏外になる場合があるのです。

 

このような場所の対策として、最近のWiMAXモバイルWi-Fiルーター(WiMAX Speed Wi-Fi)にはWiMAXの送受信能力を向上させた「WiMAXハイパワー」という機能が搭載されています。この機能により、今まで電波が弱かった場所でも快適になったり、繋がらなかった場所でも繋がる可能性が高くなってきます。

 

また、WiMAX通信とauの3G回線の両方が使用できる「Wi-Fi WALKER DATA08W」というモバイルWi-Fiルーターであれば、WiMAXが繋がらない場所でも速度は落ちますがauの3G回線にてネットに繋げることができます。

 

サービスエリアでも不安なんです。。。という人に

サービスエリア内であってもどうしても不安だという人は、WiMAXの機器を15日間無料でレンタルできる「Try WiMAX」というサービスがありますので、レンタル機器で実際に繋がるのか、期待する速度が出ているかなどの検証を行うことが可能です。「Try WiMAX」はUQ WiMAXのHPか、大手家電量販店のヤマダ電機、ビックカメラで利用できます。ただし、このTry WiMAXは人気のサービスで、利用したくてもレンタル機器の在庫が無くてすぐにレンタルできないというケースがありますので、ご注意ください。事前に確認した方が良いでしょう。
また、有料の端末レンタルサービスの「e-ca」を利用してみる手もあります。
こちらはモバイルルーターを1ヶ月レンタルしてくれるサービスで、WiMAXの他にイーモバイルやFOMAのモバイルルーターもレンタルしています。
現在のところXi(クロッシィ)はレンタルはしていないようですが、イーモバイルLTE(Pocket WiFi LTE)はレンタルしています。
東京在住の方は新宿営業所の方で14時までにお申し込みしていただくと、その日のうちに使えるようになります。
TryWiMAXとは違って有料で、事務手数料3,150円(初月のみ)と端末レンタル料金(レンタル端末によるが平均6000円)が掛かります。
少々お高いと感じるところもありますが、WiMAXを契約したものの数ヶ月使用し続け、満足しなかったので途中解約料を払う、というのよりは安いです。
また、初月はWiMAX、次の月はイーモバイルとレンタルして、自分の生活環境でWiMAXとイーモバイル、どちらが快適かを実際に検証することも可能です。
クレジットカードを所持されていない方、レンタル機器の在庫が無くてレンタルできなかった場合、
あなたの周りのWiMAXユーザーかauのWiMAX搭載のスマートフォンユーザーの方が、あなたと同じような生活環境の中で利用できているのであれば使えるということです。
自宅にさりげなく招待して自宅でWiMAXが繋がるか検証するのも良いでしょう。

レンタルの際には、無料、有料どちらもクレジットカードが必要となります。

私が実際にe-caを利用した感想はコチラになります。e-caでレンタルした感想

 

WiMAXがすぐ使えてしかもお得なプロパイダランキング

 

WiMAXを使って分かったメリット・デメリットメリットとデメリットを踏まえて、WiMAXを使ってみたいという方は、インターネットから申し込むことでWiMAX機器が送られてきます。
ネットで申し込むと、最新のWiMAX接続機器がほぼ無料で手に入れる事ができます。
インターネットプロパイダと契約すると、そのプロパイダのメールアカウントも取得できます。(UQ WiMAXでの契約の場合メールアカウントはもらえません)
ここではお得なプロパイダを人気ランキング順に紹介します。

 


端末費用0円、初期費用が0円!WiMAXなら25、000円のキャッシュバック、WiMAX2+ならば15,000円のキャンペーン中です。年間プランの月額料金が業界最安値で人気のプロパイダです!


大手プロパイダーNIFTYです。端末費用1円以外は初期費用が無料!利用登録月は0円。Flat年間パスポート契約をすると最大1万1千900円のキャッシュバック中(ただし、タブレット端末IdeaTab A1000付きを申し込むとキャッシュバック無し)。また、Niftyは大手プロバイダだけあって会員向けコンテンツも充実。問い合わせに対する対応は非常に良いので、ネット初心者の方にもおススメです。


こちらもパソコン・インターネット界では老舗の大手プロパイダーです。WiMAX Flat 年間パスポートをお申し込みでデータ端末が無料、初月が利用料無料。登録時にWEBアンケートに回答するだけで7000円のキャッシュバック、さらに20ヶ月の継続利用すると10000円のキャッシュバックで計17,000円のダブルキャッシュバックがあります。老舗のインターネットプロバイダであるBIGLOBEはサポートも万全です。

関連ページ

私の使用しているWiMAX機器
実際に私が使っているWiMAXの機器について説明しています。