私の使用しているWiMAX機器

私の使用しているWiMAX機器について

 

私がメインで使用しているWiMAX機器は、
パソコン内臓タイプで、パソコンはacer(エイサー)の「ASPIRE 1830Z-A52C/S」です。
wimax pc

 

店員さんのオススメで購入したもので、正直WiMAXが目的で購入したわけではなく、
WiMAXができるという意味のシールが貼られているのを見て「あぁ、対応しているんだな」位でした。

 

パソコン購入後自宅に到着し、せっかくWiMAXできるのだし、どんなものか試してみたいなと思いUQWiMAXに申し込み、仮登録後すぐに使えるようになりました。

 

私の自宅ではWiMAXの信号強度が「とても強い」と出ていることもあり、、
Youtube(ユーチューブ)のHD(クオリティの高い動画)もニコニコ動画もサクサクとストレスを感じることなく観れることが確認できました。
時折信号が弱くなり「強い」になることもありますが、それでもネットをするのにさほど気になりません。
普通にYahoo(ヤフー)やGoogle(グーグル)で検索したりメール送受信するくらいなら、自宅のフレッツ光と何ら遜色ないレベルです。

 

また、わずらわしいLANケーブルから開放され、机だけでなくベットの上でもネットができる快適さを覚えてしまい、すっかりWiMAXを気に入ってしまいました。

 

今はほとんどLANケーブルに繋げることなく、WiMAXでインターネットに繋いでいます。

 

そして、もう一つ。auのWiMAX搭載スマートフォンの「htc EVO 3D ISW12HT」です。
私の使用しているWiMAX機器(2013年まで)
最近では、会社に個人のPCを持ち込むのが難しくなってきています。
電車で移動中や、職場の昼休みには、今までの携帯電話(フィーチャーフォン)で、ネットサーフィンするのもPCサイト何かと制約があって、ストレスが溜まります。
タブレットPCも職場で使用するのは若干グレーゾーンな感じがしたので、
もう少し携帯電話寄りで、ネットサーフィンができるもの、ということでスマートフォンを購入することにしました。

 

こちらの使用感ですが、上のPC内蔵型よりも受信が弱いです。
同じ場所でも、PC内蔵型のWiMAX受信強度が「かなり強い」を表示していてる場合、スマートフォンhtc EVO 3D ISW12HTのWiMAXは「悪い」を表示していたりすることがあります。
表示だけでなく実際のブラウザの動きも鈍くなるので、WiMAXの機器がが内臓PC型の機器より受信感度の性能が劣っているのだと思います。
駅付近だと「良好」の表示になって、そのときのブラウザはなかなか快適な動作をしてくれます。
山手線に乗っている間は常に「良好」であることを期待してましたが、そうでもないです。場所によってかなり異なります。

 

htc EVO 3D ISW12HTは、WiMAX搭載スマートフォンとしては初期の方ですから、その後継機モデルは受信能力が改善されてることを期待します。

 

近々はモバイルルーターを購入予定です。
購入したらこちらに掲載します。

関連ページ

私の使用しているWimax2+(2014年〜)
WiMAX2+を使用している管理人の実際に使用している機器の紹介と使っての感想です。