SIMフリー端末

SIMフリー端末とは?

SIMフリー端末って何?

SIMフリー端末というのは、最近よく耳にしますが、なんとなくわかりにくいですね。

 

SIMフリー端末が登場した背景には、海外の動向があります。
日本でも次第に要望が高まり、正規のSIMフリー端末が登場することになったのです。
国内で携帯電話キャリアが販売するスマホなどは、一部の機種を除いてSIMロック制限がかかっています。
そのため、SIMカードは、その端末もしくは同じキャリアの一部の端末でないと使用できません。
しかし海外では、通信規格や周波数帯がキャリア間でほとんど違いがないので、SIMフリー端末が一般的となっています。

 

日本人の場合、一度入手したSIMカードを複数の端末で使い回すことができるメリットはあるのですが、一方で、海外製端末には、
技適マークがついていないことから、日本の電波法に抵触するという問題がありました。
そこでそうした問題を解消するために、SIMフリー端末ができたわけです。

 

国内でも正規のSIMフリー端末を使いたいという強い要望に押されて、国内で利用できるSIMフリー端末ができたわけです。
SIMフリー端末の魅力は、海外に出かけた際、現地でプリペイドやレンタルのSIMカードを入手できることで、自分のモバイル端末をそのまま使用できます。

 

SIMフリー端末はなぜ海外でも使えるのか?

SIMフリー端末はなぜ海外でも使えるのかというと、現地のプリペイドSIMを活用できるからです。
これで、携帯電話の通信費を節約することができます。
日本では、あまり知られていませんが、海外では、プリペイド式も一般的な契約形態として利用されています。

 

SIMフリー端末を海外で使う場合、現地でプリペイドSIMを購入します。
SIMフリーでMVNOを使っている人には便利で、SIMフリーのスマホがある人なら、SIMカードを入れ替えるだけで、安く通信できます。

 

格安SIMやSIMロックフリーの端末が普及したことで、この方法は主流になりつつあります。
また、海外の回線が契約されている携帯電話をレンタルできるので、SIMフリー端末は海外でも使えるのです。
この方法なら、空港のカウンターで借りて返すこともできます。
イギリスやマカオなど国によっては、空港にSIMカードの自動販売機があるので、すぐに手に入れることも可能なのです。
もし、自販機が無くてもキャリアショップに行くことでほとんどの国でSIMカードを購入することが可能です。
たいてい、身分証の提示が必要になりますが、住所はホテルを代用することも可能です。国によって周波数がことなりますが、3Gなら2GHz帯に対応している端末ならほとんどの国で利用できます。
アメリカなどは特殊な周波数帯を採用している場合もあるので、合わせた端末を用意する必要がでてきます。

 

また、ネットで申し込んでおいて郵送で受け取ることもできるので便利です。
基本料金は日別計算で、一日大体300円〜600円でレンタルできるのでリーズナブルです。
ただし、安心保障などのオプションに入らないと、100%弁償しなければならないリスクがあります。

 

SIMフリー端末は、国際ローミングに申し込むことでも、海外で使えるようになります。
この方法なら、自分の携帯電話を海外にそのまま直接持っていくことができます。
ただし、申込額や通話料などをよく調べないと、後で高額な請求をされる恐れがあります。

 

例えば台湾で10日間使った場合、海外のパケット定額だと、格安SIMの15倍以上の価格になりました。
頻繁に海外出張に行くなら、格安SIMを使う習慣をつけておくととても便利でかなり得をすることになります。