格安SIM iPhone

 

格安SIMはiPhoneでも安く使えるものなの?

格安SIMでiPhoneでも節約できる

格安SIMはiPhoneでも安く使えるものなのでしょうか。
結論から言うと、使えます。

 

iPhoneの月額利用料金というのは、ドコモ、ソフトバンク、auのどのキャリアも問わず、一緒です。
iPhoneで通話し放題のプランを設定している場合、最も安い場合だと月額6500円になります。

 

格安SIMの場合ですと、MVNO業者によってプランによって差はあるものの、
1ヶ月の使用用途が、通話はほとんどせず、データ通信(アプリやネット閲覧、メールなど)であるならば、
確実に安く使えることになります。

 

 

iPhoneの格安SIM設定は難しくない。

最初に格安SIMに対応するiPhoneを用意します。
そして、格安SIMの申し込み、それから、届いた格安SIMをiPhoneに入れて設定すると安く使うことができます。

 

ただし、Wi-Fi接続が必要になるので、注意しないといけません。
逆に言えば、設定時にWiFiをつなぐことができれば、簡単にiPhoneで格安SIMを使えるということになります。

 

格安SIMに対応しているiPhoneを購入しよう!

格安SIMに対応しているiPhoneは、ドコモのiPhoneとSIMフリー、auのiPhoneになります。
SIMフリー版のiPhoneにはiPhone 5s, iPhone 6 iPhone 6 PlusがApp Storeや、amazon、価格.comでも購入できます。

 

また、ドコモ機種であれば、大半のMVNO業者はドコモ回線なので、ドコモのiPhoneを購入するか、中古のiPhone(白ロム)を購入することになります。
iPhoneは、高いイメージがありますが、一番コスパのよいタイプのiPhone 5sなら、3万3000円くらいで購入できます。
格安スマホは大体、2万円〜3万円くらいなので、それほど変わらないですね。
格安スマホと比べても、iPhoneは意外と安く手に入るということです。
格安SIMはiPhoneを用意して、設定するだけなので、簡単に使うことができます。

 

ドコモのiPhoneを持っている人は、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6plusなど、全てのドコモのiPhoneが使えるようになっています。
また、auのiPhoneを持っている人は、iPhone5c、5s、6、6plusのいずれかを持っていればOKです。
該当するiPhoneを持っていれば、格安SIMが使えるということです。
一応、auのiPhone 5でも格安SIM通信ができることはできるのですが、通信が不安定ですぐ切れるのでオススメしません。
これはauのiPhone 5発売時から問題になっていました。
ですから、中古でauのiPhoneを購入検討されている方は、auのLTE対応のiPhone 5C以降にしてください。

 

また、auの場合は対応しているMVNOがauの回線に対応していないとなりません。
そうなるとごく限られたMVNOになるので注意が必要です。
対応しているMVNOはUQ Mobile,mineoになります。