格安SIM 通話

格安SIMの落とし穴。通話は割高になる可能性アリ!

格安SIMにすれば、今までのサービスが全部安く使える!というのは誤解です。

 

格安SIMの落とし穴は、通話が割高になる可能性があるところです。
格安SIMの場合、通話料金が高く、30秒で20円の通話料金がかかります。
1日5分電話するだけでも1ヶ月で6000円の電話代がかかります。

 

格安SIMは、節約できるのが魅力ですが、電話代を入れると逆に高くなる可能性があるんですね。
MVNO各社が提供する格安SIMは、大手キャリアよりも安い通信料金でスマホを利用できるのですが、
通話料については、大手キャリアのほうがお得です。

 

MVNOでも探せば通話料がすんごく安いプランのものがあるんじゃないか?と思って探してみましたが、
現状の格安SIMでの通話料は、どの業者も30秒当たり20円と横並びになっています。
大手キャリアが通話定額プランを導入する前の通話料と同じくかなり割高になっているので、電話を掛ける頻度が多い人が格安SIMに移ると毎月のコストが上がる可能性があります。

 

格安SIMでの通話は、工夫をして通話料を抑えましょう

ただ、普通に通話すれば高くなってしまいますよ、という話で。通話を安くする方法はあります。
3G回線の格安スマホの通話料を安くするには、050IP電話を利用する方法、電話アプリを導入する方法、プレフィックスを発信する方法があります。
皆さんは大体LINEをスマホやタブレットにインストールされていると思いますが、LINEに登録している相手であれば、無料通話ができますね。多少声が遅れて聞こえたり、音質に不安はありますが、無料というメリットは大きいですね。

 

また、楽天アプリの「楽天電話」は、通話料を半額程度まで減らせる通話料割引サービスがあるので、このサービスを賢く使えば、通話の多いユーザーでも料金を大幅に下げることができます。