モバイルデータ通信に通信料金を一本化する

モバイルデータ通信に一本化し通信料金を節約する

一本化するとは、固定回線とモバイルデータ通信の両方と契約している場合、契約をモバイルデータ通信のみにすることで、通信料金が解約した固定回線料金分節約できるという方法です。

 

契約している固定回線の種類やプラン、プロバイダ利用料金などで差異はありますが、大体モバイルデータ通信の両方契約している場合に比べ月3,000円〜5,000円は節約できることになり、年間だと36,000〜60,000円が節約できることになりますので、結構大きな節約になると思います。

 

ただし、この方法は自宅でのモバイルデータ通信が、固定回線並みの安定度(繋がり安い)と通信速度であることが条件となるでしょう。
モバイルデータ通信に一本化して自宅での通信が不安定だったり、通信速度が固定回線に比べ激減した場合、節約できたとしても、まるで使い物にならないようでは困ってしまいます。
また、自宅でもモバイルデータ通信を行う事になるので、通信量も増えることからモバイルデータ通信業者のパケット制限に掛かる可能性もあります。

 

 

一本化するといいのは節約だけじゃなく、引越しをする機会があったときになど、固定回線の場合はNTTに連絡を入れたり、工事が必要になって工事費を払ったりする事がありますが、モバイルデータ通信に一本化していれば引越し先の電波状況さえ確認し問題なければ、そのまま接続してインターネットをすることができます。

 

モバイルデータ通信に一本化する場合、通信するのに使用する機器ですが、パソコンがご家庭に一台の場合は、データ通信カードタイプや、パソコンの購入を検討されている方は、パソコン内蔵型でも良いと思います。
パソコンが複数台あったり、ポータブルゲーム機などを無線LANで繋いでいた場合は、モバイルルータタイプが複数台Wi-Fi通信ができるので良いでしょう。

 

関連ページ

用途にあったモバイルデータ通信プランを選択する
外出先でのインターネットをする頻度などを考慮に入れて、自分にあったプランで無駄なく利用することも節約の一つと言えます。
iPhoneのデータ通信料金節約
人気のiPhoneで、3Gモバイルデータ通信を最低限に抑える方法があります。