iPhoneのデータ通信料金節約

iPhoneのモバイルデータ通信オフにしてWi-Fi接続で節約

iPhone4の3Gモバイルデータ通信をWi-Fi接続に切り替える事で、モバイルデータ通信量を抑えることができ、結果通信料金も節約することが可能となります。

 

iPhoneを使用されている方は、ネットを閲覧するだけでなく、色々とアプリをダウンロードすることが多いと思われます。
アプリの中には20MB超えのものもあったりするので、モバイルデータ通信だとダウンロードするのに時間が掛かったり、2段階パケット定額に入っている方だとパケットが上限に達してしまう事になると思います。

 

そこで、ネットワークのモバイルデータ通信を「オフ」に設定し、Wi-Fi機能を「オン」に設定し、無線LANとのWi-Fi接続でネットに接続することで、実質モバイルデータ通信パケット量をゼロで通信できることになります。
インターネットと無線LAN間は固定回線で行われ無線LANとiPhone間のWi-Fiで通信します。
自宅で固定回線契約をしていて無線LANを使用する場合は、別途固定回線の分の通信料が掛かってしまいますが、無料の公衆無線LANを使用すれば、通信費は一切掛からない事になります。
無線LANは一般的にモバイルデータ通信よりも高速なので、ダウンロードも高速ですし、Youtubeやニコニコ動画の動画も快適に視聴できます。

 

モバイルデータ通信を「オフ」に設定しても、通話やSMS(ショートメールサービス)、GPSは使用できます。
MMS(一般の携帯メール)はモバイルデータ通信を使用しているのでモバイルデータ通信「オフ」設定の場合は使用できません。
また、アプリの中には定期的に3Gに接続して情報を更新したりするものもあるかもしれませんが、そういった事がモバイルデータ通信が「オフ」に設定されている場合はできなくなります。

 

この方法を使用すると、ソフトバンクのパケットし放題で契約されている方は、契約変更が可能ならば二段階制パケット定額プランにした方が良いかもしれません。
上手に使用すれば、二段階制プランの下限料金で済むこともできるからです。

 

関連ページ

モバイルデータ通信に通信料金を一本化する
家でも外でもモバイルデータ通信を使用すれば、固定回線の通信料金が不要になる分節約できます。
用途にあったモバイルデータ通信プランを選択する
外出先でのインターネットをする頻度などを考慮に入れて、自分にあったプランで無駄なく利用することも節約の一つと言えます。