格安スマホ

MVNOって良く聞くけど、何なの?

MVNOというのは、Mobile Virtual Network Operatorの略語で、「仮想移動体通信事業者」のことを言います。
「仮想」の移動体通信事業者、というのは、なんぞや?と思ってしまいますが、携帯電話などで既に使われている無線通信インフラを借り受けてサービスを提供している事業者のことで、
実は2001年頃から登場しています。

 

ケータイやスマホに電波を送るための基盤を携帯電話業者(日本ではドコモ、ソフトバンク、au)から借り受けています。
MVNO自体は、設備を持たずにモバイルインターネット接続サービスを提供しています。

 

MVNOが注目される最大の理由としては、その値段の安さです。
「格安SIM」という言葉はここにつながります。

 

MVNOと契約すると、なぜ安いの?

以前のモバイル通信サービスといいますと、自社で移動体通信網設備を持っていて、電波利用免許の交付を受けた移動体通信事業者(キャリア)でしか、原則、提供できませんでした。

 

MVNO事業者は、ドコモやソフトバンク、またはauといった移動体通信事業者(キャリア)の回線をレンタルして運営している形になります。レンタルしているため、通信設備への投資が必要なく、格安でサービスを提供できるのです。
その代わり、回線をレンタルしているために速度は本家キャリア業者より少し劣るということがあります。
また、大手キャリアにあるような色んなサービスを省いているために格安スマホが安いという理由があります。
例えば、窓口による手厚い接客も無く、分からないことがあれば、自分でネットで調べたりする必要も多くなるでしょう。
大手キャリアで与えられていた携帯メールアドレスも使えなくなります。
今まで使っていたサービスで使えなくなるものがある変わりに安くなっているとも言えますね。

 

とはいえ、MVNOができたことで、ユーザーは、各社のサービス内容、特色、料金プランから選べるようになりました。
自分にいちばんピッタリくるサービスを選べるMVNOは、今多くの人から愛用されています。

 

ただし、最近はいろいろなMVNO業者が増えてきており、どの業者が自分に合っているかを判断するのにユーザーが悩むところではあります。

 

LINEは引き継げる?

MVNOでLINEは引き継げるもの?

SMS機能がついているSIMがあるMVNOを選べば良いです。

携帯キャリアから、MVNOにすることでデータ通信料金が格安になりますが、今までのLINEを引き継ぐことが出来るかを気にされる人もいます。

 

今、使っているLINEのアカウントがもし、消えてしまった場合、LINEだけでつながっていた人とは確実に連絡が取れなくなってしまいます。
それに、今まで購入したり集めたスタンプも全て消えてしまいますし、連絡先が分かっている相手でもまた一からLINEを始めるのって、かなりの労力ですよね。

 

かなり注意は必要ですが、MVNOでLINEは引き継ぐことも可能です。
LINEを引き継ぐためには、念のため、MVNOに契約するまでにLINEの設定をしっかり行っておきましょう。
「電話番号を登録しておく」、「メールアドレスを登録しておく」、「Facebookなどのソーシャルと紐付けしておく」、「LINEのIDを控えておく」ということが大切です。

 

MVNOでLINEは引き継ぐことは可能ですが、LINEを引き継ぐには、設定してあるメールアドレスやパスワードを使うことになります。
新しいMVNOでLINEにメールアドレスとパスワードを入力してログインした後にSMSによる本人確認認証が必要になります。
認証は、PINコードというものが必要なので、電話番号を入力すると、ショートメールが届くので記載されているPINコードを入力するという流れになります。
つまり、LINEを引き継ぐためには、「SMS機能がついているもしくは、追加できる」ということを確認しておく必要があります。

 

格安なサービスの料金だけで選ばず、SMS機能が付いているSIMカードを提供してくれるMVNO業者を選別しましょう!

 

MVNOでも速度制限はあるのか

今までは、モバイルデータ通信サービスを提供出来るのは、自社で移動体通信網を持っていて、
電気通信事業法や電波法に則して総務省から電波利用免許の交付を受けた移動体通信事業者のみと限られていました。
携帯電話キャリアのみ、モバイルデータ通信サービスの提供が許可されていたのです。
しかし、そんな状況を一変させたのがMVNOです。いろんな事業者、企業が携帯電話キャリアの無線通信インフラだけを借りて、モバイルデータ通信サービスを提供することが可能となったのです。
つまり、パソコンでインターネットを使用する際、インターネットサービスを提供する事業との間に入るプロパイダーのようなものです。
携帯電話キャリアと契約をするのとは違い、ユーザーはMVNO各社のサービス内容や特色、料金プランから自分にあったものを選ぶことが可能となり、格安でモバイルデータ通信サービスを利用できるようになったのです。
しかし、MVNOでも通信量によっては速度制限の対象となるのでご注意下さい。
プランにもよりますが、3日で366メガバイトを条件にしている場合が多く、月に2ギガバイトのプランを契約しているとしても、直近3日間のうちに366メガバイトを超える通信を行った翌日は速度制限がかかってしまいます。
契約をする前によく確認しておきましょう。