【モバイルデータ通信比較】実際使って分かったメリット・デメリット

モバイルデータ通信とは?

モバイルデータ通信とは、一言でいえば、
無線を使ってパソコンをインターネットに接続できるサービス」のことを言います。

 

無線LANも無線を使ってインターネットに接続できますが、高速に通信できる反面、無線の届く範囲が限られていますので、インターネットに接続できるのは無線LANを設定している自宅内やオフィス内に限られてしまいます。

 

モバイルデータ通信の場合、無線LANよりも広いエリアをカバーしているので室内だけでなく、屋外や外出先でも、電波の届く範囲内であればインターネットに接続することができるのです。

モバイルデータ通信、固定回線とココが違う!

モバイルデータ通信ができるようになると、どんな事ができるのか?
光ファイバーやADSLのような固定回線との違いを比較してみたいと思います。

 

外出先でも自分のパソコンでメールやインターネットができる!

固定回線では当然回線まで移動させられませんから、これはモバイルデータ通信ならではのメリットです。
なんとなく入ったカフェでネットサーフィンをしたり、FXや株の取引をしたりできます。
朝送ったPCメールの返信が来ているか気になって、なんて事も家に帰らずともその場で確認できます。

 

面倒な開通工事なんて一切なしで、契約すれば即日開通!

固定回線だと、回線工事が必要な場合がありますが、モバイルデータ通信は通信に必要な機器を揃え、必要なソフトがあれば手順どおりインストールすればすぐ繋げるようになります。

 

LANケーブルいらずで配線スッキリ!

固定回線で無線LANを使用していない場合はLANケーブルに接続することになりますが、ケーブルの届く範囲でしか動くことができず、そのケーブルも長さが余ったりするとゴチャゴチャとしてしまい部屋の景観を損ねてしまいます。ノートパソコンを持って部屋を移動したくてもケーブルを抜いたり、ケーブルを挿したままの移動も面倒です。
モバイルデータ通信ではそのようなケーブルの煩わしさから開放されます。

 

通信速度が環境に影響受けやすい!

固定回線も特にADSLは収容局からの距離に通信速度が影響を受けますが、モバイルデータ通信も携帯電話の電波の弱い所、サービスエリアぎりぎりの所など、無線が入りにくいところでは通信速度は落ちます。また隣接する建物の影響を受けたりしますので、隣に高層マンションが立ったら速度が落ちた、という事もあったりします。逆に電波の反射が良くなって速度が上がることもあります。

 

通信速度は光ケーブルに比べるとまだまだ遅い!

通信速度はまだまだ固定回線の光ケーブルが全然速いです。
しかし、最近の高速モバイルデータ通信は、以前のADSL以上の速度は出せていると思います。

 

モバイルデータ通信の無線は「3G」と「WiMAX」

では、モバイルデータ通信で使用する無線通信とはどのようなものなのでしょうか?

 

日本で利用できるモバイルデータ通信のほとんどは、携帯電話(又はスマートフォン)で使用されている「3G(スリージー)」という規格を利用しています。つまり、普段使用されている携帯電話のキャリア(通信事業者)の電話回線を利用しているのです。
そのため、モバイルデータ通信サービスを提供しているほとんどの事業者は、携帯電話、PHSの通信キャリアで、他の事業者はキャリアの回線を利用させてもらっていたりします。

 

3Gのモバイルデータ通信事業者

・NTTドコモ
・ソフトバンクモバイル
・au (独自規格のcdma2000を展開)
・イーモバイル(ソフトバンクの回線も利用)
・ウィルコム(ソフトバンクの回線利用)
・日本通信(b-mobile:NTTドコモのFOMA網を利用)

 

そしてもう一つのモバイルデータ通信規格がWiMAX(ワイマックス)です。
WiMAXは元々高速jなブロードバンド通信を行う目的のみで作られているものなので、高速データ通信に特化しているため電話回線を利用していません。
そして現在高速モバイルデータ通信で唯一通信パケット規制が掛かっていないところです。
auのスマートフォン端末の一部にWiMAX通信搭載のものがありますが、実はWiMAXを提供している「UQコミュニケーションズ」がauのKDDIグループ傘下だという背景があります。

 

WiMAXのモバイルデータ通信事業者

・UQコミュニケーションズ (auと同じKDDIグループ)

 

当サイト管理人はWiMAXを使用してます。
実際使っての感想はWiMAXを使ってのメリット・デメリットのページで書いてます。

 

当サイトでWiMAXを契約するなら一番オススメのプロバイダ
↓ ↓ ↓


関連ページ

モバイルデータ通信に必要な機器
モバイルデータ通信を始めるにあたっての必要な機器について説明しています。