【モバイルデータ通信比較】実際使って分かったメリット・デメリット

モバイルデータ通信を利用するのに必要な機器

モバイルデータ通信を利用するのに必要なものとして、大きく分けると次のようなタイプに分類できます。

 

データ通信カードタイプ

モバイルルータタイプ(今の主流)

パソコン内蔵タイプ

 

データ通信カードと、モバイルルータの違いとして、データ通信カードは無線を受信して直接データをパソコンに送るのに対し、モバイルルータは一度モバイルルータで無線を受信し、そこからさらに無線(WiFi)を使用してパソコンにデータを送信します。そのパソコンはWiFi対応の必要があります。
一度モバイルルータで受信したデータを今度はWiFiを使用してデータを送信するので、速度はデータ通信カードより劣ってしまいます。

 

しかし、PSPやニンテンドーDSのようなデータ通信カードに対応していないポータブル機器をネットに繋げたい場合に、このモバイルルータがあれば、外出先でのネット接続が可能になります。
また、モバイルルータは、WiFiに対応した複数の機器と通信ができるのも特徴です。
データ通信カードはデータ通信カードを繋げているパソコンのみ通信できます。

 

パソコン内臓タイプは、その名の通りモバイルデータ通信ユニットがパソコンに内臓されているタイプのものです。
通信機器がはじめからパソコン内部にあるため、インストールなどの面倒な設定もなく、接続する機器もないため見た目もスッキリ、持ち運びもノートパソコン一つあれば良いです。
パソコンの内部にあるため、そのパソコンでしかモバイルデータ通信は行えません。

データ通信カードの種類

モバイルデータ通信をするのがノートパソコンだけだという方には、データ通信カードの方が通信速度のパフォーマンスも良いためおすすめです。

 

データ通信カードには以下のタイプがあります。

USBカードタイプ

モバイルデータ通信に必要な機器
USBタイプにはUSBスティックタイプとUSBケーブルタイプがあります。
パソコンのUSBスロット部に差し込んで使用することになります。
USBケーブルタイプはパソコンと通信カードの間にケーブルがありますが、USBスティックタイプは直接USBスロット部に通信カードを差し込む形となっています。パソコンから通信部がかなり出っ張ってしまうのですが、USBの接続部分が可動してカードを縦にすることができるものもあります。

 

PCカードタイプ

モバイルデータ通信に必要な機器
データ通信カードとは、そもそも古くからPCの拡張スロットがカード式だったためにそのように呼ばれています。古いノートパソコンの拡張スロット部はこのPCカードタイプのスロットが多いです。最近のノートパソコンでは、よりコンパクトで高速なExpressカードタイプの拡張スロットが多くなってきています。

 

Expressカードタイプ

PCカードの後継規格。USBタイプではなく、カードタイプを選択される場合は、ノートパソコンがPCカードタイプ、Expressカードタイプのどちらの拡張スロットを持っているのかを確認しましょう。

モバイルルータの種類

現在のモバイルデータ通信の主流となっているのがこのモバイルルータのタイプです。
モバイルルータの特徴は、ノートパソコンだけでなく、PSPやニンテンドーDS、スマートフォンやタブレットなど、WiFiに対応した機器に複数接続ができるということです。
お使いのノートパソコンがWi-Fiに対応している必要がありますが、最近のノートパソコンはほとんどWi-Fiに対応していますので問題はないと思います。
同時にWi-Fi接続できる機器はモバイルルータによって異なりますが、スマートフォンやゲーム機をだいたい5台〜10台同時に接続できます。
また、他の通信機器と比べて良いところがあります。
例えば、屋内でLTEやWiMAXの電波の入りが悪いような場所でパソコンやスマホを使ったりするような場合ですが、モバイルルーターの液晶画面のアンテナの本数を見ながら探して、一番本数の多いところ(大抵は窓側)にモバイルルーターを置いておけば、パソコンやスマホは室内の電波の入りが悪いところにあったとしても問題無くデータ通信ができるのです。
パソコンに繋がっていないからこそできることですね。

モバイルデータ通信のルーター

ただ、パソコンからつながっていないゆえにバッテリー駆動だと、電池状態には気をつけないといけません。
だいたいがUSB給電タイプなので、電波が入ってかつコンセントが近くにある場所なら、USBで給電しながらルーターを置く場所としてベターと言えます。

 

モバイルルータには以下の種類があります。

データ通信ユニット内臓タイプ

3GやLTE、WiMAX、WiMAX2+などのデータ通信ユニットを内臓しているタイプです。
使用する際にデータ通信専用SIMカードを差し込むことで通信できるようになります。このデータ通信専用SIMカードは大抵の場合モバイルWiFiルータ購入時にセットで箱の中に入っています。

 

 

データ通信カード差込タイプ

本体にはデータ通信ユニットを搭載しておらず、データ通信カードを差し込むことによりモバイルWi-Fiルータとなります。
このタイプは既にモバイルデータ通信カードを持っている人が、パソコンだけでなくポータブルゲーム機やその他Wi-Fi対応機をネットに接続させたいという場合にこのデータ通信カード差込タイプがあると便利です。

関連ページ

モバイルデータ通信とは?
モバイルデータ通信とはどのようなもので、どのような方式があるのかを解説しています。