帯域制限について

帯域制限がないのはWiMAXのみ!

帯域制限とは、たくさんネット閲覧したり、ダウンロードをしたりするヘビーユーザーに対して制限を掛けることです。
この制限を掛けることにより他の多くのユーザーにも通信速度を確保することができます。

 

3G網(NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル)の場合、携帯電話として使用(通話やメール、携帯電話でのネット閲覧)するユーザもいるので、モバイルデータ通信でPCで大量のデータを閲覧、ダウンロードしたりするユーザが増えてくると、通信網が大変混み合ってしまいます。
携帯電話は通話品質がとても大事なため、その品質を確保するためにも、モバイルデータ通信のヘビーユーザーには帯域制限を掛けるのです。

 

NTTドコモ、au、ソフトバンクは元々は携帯電話の会社であるため、この帯域制限があります。
イーモバイルはソフトバンク網も使用しているためなのか、こちらも帯域制限があります。
唯一、帯域制限がないのがWiMAXです。
WiMAXはそもそもが高速なモバイルデータ通信が目的でできたものなので、通話用の帯域など気にする必要がなく、全ての帯域をモバイルデータ通信用として使えるのです。
この帯域制限がないことにより、モバイルデータ通信のヘビーユーザーがWiMAXに流れる可能性は高いと思われます。
ユーザーが急増するとなれば、ひょっとしたらWiMAXもヘビーユーザーに帯域制限を掛けてくるかもしれません。
しかし、今のところはそのような話もなく、問題ないでしょう。

関連ページ

サービスエリアについて
契約したいと思ったモバイルデータ通信サービス事業者のサービスエリアを確認しましょう。
モバイルデータ通信の契約期間の「縛り」について
モバイルデータ通信の契約時のプランの「縛り」について説明します。