モバイルデータ通信 縛り

モバイルデータ通信の「縛り」とは

モバイルデータ通信の月額料金プランには、大抵は月々の料金が割安になる別プランがあります。

 

割安になりますが、そのプランには条件があり、契約したモバイルデータ通信サービスを一定期間継続しなければならないというものです。
この一定期間契約を継続しなければいけない事を一般に「縛り」と言います。

 

サービス契約後になって、「いざ使ってみると自宅で繋がりにくいとか、使えると期待した場所で使えない」とか、「友人の使っている他のモバイルデータ通信サービスの方が良さそうに思えるから乗り換えたい」といった不満が出てきたときに解約して他のサービス会社に変更するということが簡単にできなくなります。
契約期間内に解約しますと、違約金が発生してしまうのです。違約金は各サービス会社により異なりますが、凡そ1万円近くを払うことになります。

「縛り」期間満期で注意したいこと。

このような、月額料金を割安にする代わりに行われる「縛り」の期間ですが2年が大抵となっています。
2年経てば「縛り」が解除されるのですが、ここで注意しなければいけないことは、
モバイルデータ通信会社がわざわざ「もうすぐ2年経過しますよぉ〜」と教えてくれる事は期待してはいけないということです。
そのまま3年目に入る場合は、「縛り」も自動更新されることがあります。

 

それほど不満はないのだけれど、別な会社のモバイルデータ通信サービスを利用してみたいなと思われる場合は、
「縛り」が自動更新される前に解約手続きをしなければなりません。
期間満了の1ヶ月前に忘れずに解約の手続きを行いましょう。
そうでなければ、自動更新後の解約となり、違約金が発生する可能性があります。

 

縛りのある月額割安のプランで申し込む場合は、ご自分のモバイルデータ通信環境が納得がいくものであることを確認してからにした方が良いでしょう。

格安SIMにも契約の縛りはあるの?

 

格安SIMには、安いというメリットの他にいろいろなサービスが無いというデメリットもあります。
契約についてはどうなのか検証してみたいのですが、格安SIMにも契約の縛りはあるのでしょうか?

 

大手キャリアが嫌でやめたい理由に「2年縛りがある」ということを挙げる方も多いと思います。

 

では、格安SIMにも契約の縛りはあるのでしょうか。
実際に、格安SIM会社でも、大手キャリアの2年縛りのように何らかの決まりがある場合も多いようです。
格安SIM会社にとっても、格安でサービスを提供するのですから、条件を提示しないとやっていられないというのもあるのかも知れません。
ですから、安易に嫌だったらやめればいいというスタンスで申し込んでしまうと、取り返しがつかないことになる場合もあるので気をつけましょう。
ただ、多くの格安SIMの縛りを見ても、大手キャリアのような2年縛りのような長い条件が付帯していることはそうそうありません。
多くは、1〜2ヶ月程度の縛りか長くても半年から1年というのが多いようですが、それでも必ずどんな縛りがあるのかを確認してから加入するのが得策です。
スマホのサービスは常に進化しているので、新しいサービスを利用してみるのも良いでしょう。

関連ページ

サービスエリアについて
契約したいと思ったモバイルデータ通信サービス事業者のサービスエリアを確認しましょう。
帯域制限がないのはWiMAXのみ!
モバイルデータ通信で快適なネットライフを送るのに気になってしまうのが「帯域制限」です。